フランスでのんびり旅しながら暮らしてみた

一ヶ月ちょっとフランスで暮らしてみました。パリには行かず地方だけ。トゥールの古城めぐりとブルターニュ地方を中心にしたブログです☆

フランスのんびり旅を終えて


長かった旅も無事終わり、帰ってきました日本。
ちょうど7月始め頃でしたが暑い暑い。

空港から外に出るとムワ~ッとした空気が体にまとわりつきます。
フランスが涼しく快適だっただけに、この蒸し暑さと温度差はこたえました。

日本に帰ってきて感じたこ

帰る途中、サービスエリアで食べたうどんの美味しいこと。はぁ~生きかえるぅ

数百メートル間隔でコンビニはあるし、どこのお店でもただでトイレ借りれるし、便座もあるし(笑)。

お店も交通機関も時間通りに営業しているし、安くて美味しい物、便利な物も沢山あるし、日本ってホントにスバラシイトコロ☆☆☆

旅行中不便さを噛みしめながら生活していたこともあって、ちょっとしたことでも有難みを感じる・・・

日本では当たり前のことが他の国ではそうではない。
海外に出ると日本の良さが分かるとよく聞きますが、そうかもしれない。

たった2カ月程度でもそれを感じてしまうのだから、どれだけ便利で住みやすい環境にいたかよくわかりました。

ひとり旅を終えて感じたこ

はじめてのひとり旅、はじめての長期旅行、はじめてのひとりでの生活。
正直不安しかなかったし、今考えれば何故この全てをいきなり海外で(しかも英語圏じゃない場所で)行おうと思ったのか今でも謎です。

下調べや準備は大変だったしフランス語なんて全然分からなかったのに、それでも行くならフランスと決めていました。

理由はよく分からないけれど、なぜだか強烈に惹かれてしまったフランス(の田舎)。

実際行ってみるとイメージと違う部分も沢山あってビックリしたりイラッとさせられましたが(笑)、いろんな体験ができたのでちょっと人間レベルが上がった気がします。

フランスのゆったり流れる時間はとても魅力的

フランスでは時間に追われることなく、のんびり穏やかな雰囲気の中その日一日を楽しんで味わって過ごしているような姿の人が多く見られたのがとても印象的でした。

物質的にも環境的にも日本の方が豊かだと思います。

でもこんなにもゆったりと穏やかに暮らしている人たちを田舎に住んでいても日本ではほとんど見かけません。
みんないつも急いでいて隙がない雰囲気があるんですよね。

でもフランスでは(田舎だからかな?)ホント、空気からのんびりしているというか、急がなくても良いんだよ~って言われているような雰囲気がそこらじゅうからしてくるというか…
うまく言えませんが、マイペースで暮らしていいんだよ~って言われてる気がするのです。。。

田舎に住んでいても感じる息苦しさがフランスではありませんでした。
こういうのも豊かさのひとつなんだなと改めて感じました。

住めば都とはよく言った

でもじゃあフランスの田舎で暮らしたい?と言われれば…う〰〰〰ん。

暮らしたら気持ちが穏やかで楽そうだなぁという反面、色んなことがアバウトすぎてもう少ししっかりしてほしいとやきもきしそうだし。。。

だけどのんびりしてる所が好きっていうのは事実だし…
超矛盾してるわ。

自分の住んでいる場所に慣れすぎて、それが当たり前で、周りに無い環境だからこそ憧れてよく見えてしまうんでしょうね。

分かったことは結局、住めば都。
自分の心持ち次第で良くも悪くも変わるってことですかね。

 

最後に

こんなボヤ〰とした私がひとり旅なんてする日が来るとは思いませんでしたが、やってみれば難しいことは何もなく、思いのほか自分らしく旅することができました。
でもそれは未だかつてないほど慎重に行動したからだとは思いますが。

日々色々なことを一人で対処していると、ああ自分って意外としっかりしていたんだというのにも気づけて良かったです。

『暮らすように旅をしたい』と思い、それを思いっきり満喫できたスバらしい50日間でした。


一年前の旅行記を一年後にやっと締めくくるという超スローペースでやってきましたが、なんとか書き終えることができてホッとしています。

今度はどこの国で暮らすように旅しましょうか。
考えるだけでワクワクしますね。

その時はまた私の旅行記にお付き合いいただけると嬉しいです。
これまで読んでいただきどうもありがとうございました。

また、会いましょう!!




スポンサーリンク

 

 

帰国前~乗り継ぎの仁川空港での話

 フランスからの長い空の旅を終え、乗り継ぎの仁川空港に着いたころには疲れと眠気MAX。

すぐにでもどこかに落ち着いてゆっくりしたかったのですが、シャルルドゴール空港で発券したチケットには仁川→福岡間の搭乗時刻は書いてあるのに搭乗ゲートが記載されていませんでした…はぁ、ゲートどこよ…

乗り継ぎ便のチケットを持ってない、不備がある場合は乗り継ぎカウンターに行く

ゲートが書かれていないばっかりに乗り継ぎカウンターに行くはめに。
行ったらすぐに調べてくれました。

乗り継ぎのチケットに不備があった場合や、発券していない場合はこの乗り継ぎカウンターで対処してもらいましょう。

こういう事態になっても慌てないようにあらかじめ調べておくことをオススメします。
いざというときサッと行動できますよ。

場所は仁川・乗り継ぎカウンターとかで検索すれば出てきます。
写真も何も撮ってないので説明できない!

仁川空港の施設の充実度がすごい

搭乗ゲートまで確認したところで休める場所を探します。
この空港での滞在時間は6時間ほど。

仁川空港は設備が充実していて快適という話を聞いたり見たりしていたので、心配はしてませんでした。

旅人に優しいリラックスルーム

評判通り、至る所にイスが設置してありくつろいでいる人も沢山いました。
特にこの誰でも利用できるリラックスルームがあるのは嬉しかった~

仁川空港内リラックススペース
長椅子に座って脚を伸ばせるのが有難い☆
写真には写ってませんが、この右側の奥はゴロっと横になれるスペースもあります。

マットレスも敷かれているので快適そうでした。
イスでくつろいでいる人よりこちらで横になってる人の方が多かったです。


数は多くないですが、インターネットが使えるスペースもありました。
仁川空港インターネットスペース


私も長椅子に座って一息ついたのですが、問題がひとつ。
ひとりなので熟睡できない・・・

貴重品も持っているし。。。
ウトウトはしてもぐっすりというわけにはいかず、それがけっこうしんどかったです。
でも脚が伸ばせるだけでも疲れ具合が違います。
f:id:rikopen:20170829135346j:plain
ウトウトして起きてをしばらくくり返していたらお昼前になったのでご飯を食べに行くことにしました。

よりどりみどりの食事場所

食事場所もファーストフードからレストラン、デザート系まで沢山あって食べるのには困りません。

お店もいっぱいあって賑やかで便利な場所というのをお伝えしたいのに残念だな、写真がない…
ボーッとしていてまともに写真を撮っていませんでした。

疲れていてあまり食欲がなかったので、ちょっと辛いものでも食べたら食欲も増すかなと思い、頼んでみた辛麺。
f:id:rikopen:20170829141600j:plain
思ったより辛く、いやかなり辛くて半分も食べれませんでした―――。
食欲増すどころか半減したよっ。なんてこったいっ

f:id:rikopen:20170829143222j:plain


口直しにキャラメルラテとドーナツ。
もぅお昼ご飯じゃなくておやつになった…
f:id:rikopen:20170829143814j:plain
コーヒーもドーナツも日本とあんまり変わらない値段。
っていうか、空港内はやっぱりちょっと高めですよね。

f:id:rikopen:20170829143930j:plain

空港内は主要通貨だと使えるようですが(円も)、元々トランジットで仁川に数時間滞在することは分かっていたので、以前韓国行ったときの残りのウォンをお財布に忍ばせていった賢い私です(笑)

旅人たちを飽きさせないイベントもある

そいうえば食事中、昔の格好をした人たちがぞろぞろと歩いているのを見ました。
仁川空港時代劇仮装イベント

おお~韓国時代劇で見るあの格好だぁ〰〰。
観光客が入れ替わり立ち替わり一緒に写真を撮っていました。
f:id:rikopen:20170829145802j:plain

他にも韓国の文化を体験できるコーナーなんかもあって、民芸品を作るイベントを無料で行っていました。

乗り継ぎの時間が長いようなら、トランジットツアーなるものまであって街の観光まで出来ちゃいます。(しかも無料)

スゴイネ、仁川。

元気だったら後から行こうと思っていましたが結局行かずじまい…
それどころじゃなかった。だるくて、眠くて


ほとんどの時間をだらだらとリラックスルームで過ごしましたが、それができるのも施設が充実しているからですね。

それに比べてシャルルドゴール空港って特にここがイイ!って場所無かったわ…
大きい空港なんだしもうちょっとこう、なんかねぇ、旅人がワクワクするような感じ欲しいですヨネ…

仁川空港はトランジット向けのサービスがすごく充実していて、丸一日居ても飽きない感じで旅人にはすごく有難い場所でした。



スポンサーリンク

 

 


仁川空港は初心者でも安心して行けるところです。
france-trip.hatenablog.com