読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスでのんびり旅しながら暮らしてみた

一ヶ月ちょっとフランスで暮らしてみました。パリには行かず地方だけ。トゥールの古城めぐりとブルターニュ地方を中心にしたブログです☆

トゥールでリーズナブルな可愛いお部屋に泊まりたいならココ!

トゥール


トゥールでは一週間ホテル暮らしでした。
ここを拠点に古城巡りをしました。

宿泊したのはHotel Vendome (ホテル ヴァンドーム)
トゥール駅にわりかし近いのとオシャレで可愛いお部屋にもかかわらず、リーズナブルなお値段だったのでここに決めました。

 駅までの道もわかりやすいです。

 



ホテル自体は独立した一つの建物ではなく、アパートが並ぶ通りのドアのひとつなので看板が目印です。

f:id:rikopen:20160828185815j:plain


入口は人様の家のドアみたいで一瞬躊躇しました(笑)

f:id:rikopen:20160828190200j:plain

(↑住宅街の中にあります。)

暗証番号ないと入れないようになっていて、最初はインターホンを鳴らすとホテルの方が出てこられます。

チェックイン。
別料金ですが朝食もあるのでそれの有無を聞かれたり、注意事項を言われます。
フランス語分からないと言ったら英語で対応してくれました。

f:id:rikopen:20160828190544j:plain


その注意事項というのが、部屋での飲食禁止なんです。これがちょっとやっかいで…
持ち込んだ食料は一階のダイニングで食べて、部屋には持ち込まないで下さい。
ということなんです~ お水はOKと言われました。

f:id:rikopen:20160828190729j:plain

一日二日のことなら全てレストランとかでもいいと思いますが、一週間となると毎回お店で食べるのはきつい。部屋でゴロゴロしながら何かつまみたくなりますよね。
それが出来ないのが不便でした。


ここはエレベーターがないので、重たい荷物を持って階段を上がるのはご覚悟を(笑)

f:id:rikopen:20160828191302j:plain


広くない階段を重すぎるスーツケース持ってフラフラ登っていたら、受付のマダムがすかさず来て手伝ってくれました。


長めの滞在なのでゆったり過ごせる広めの部屋を予約しました。
一番広いジュニアスイートに泊まりたかったのですが、空いてなくてデラックスダブルルームになりました。

f:id:rikopen:20160828192359j:plain 
青が基調のオシャレなお部屋です。

f:id:rikopen:20160828192812j:plain
ダブルベッドなのでゆったり寝れました★

f:id:rikopen:20160828192517j:plain
書き物が出来るデスクはありました。
冷蔵庫は(もちろん)ありません。

スポンサーリンク

 


f:id:rikopen:20160828193412j:plain
バスルームはシャワーのみ。

f:id:rikopen:20160828193610j:plain
↑ドライヤーです。固定されてます。始めて見た~
風力が弱めなので髪が乾くのにけっこう時間がかかります。


一件普通のトイレに見えますが…

f:id:rikopen:20160828194536j:plain

f:id:rikopen:20160828194703j:plain
座るとヒザが壁に着きそうな距離…

近すぎじゃない?!


何を思ってこの設計にしたのでしょう…
155㎝のちびっこが座ってこんな感じなので、体の大きな人はどうしたらいいのかな…


一件普通の洗面所に見えますが…
f:id:rikopen:20160828194506j:plain

f:id:rikopen:20160828195216j:plain
鏡に目までしか写りません…

鏡の位置が高すぎじゃない?!


何を思ってこの設計にしたのでしょう…
155㎝のちびっこが立ってこんな感じなので、さらに体の小さな人はどうしたらいいのかな…


海外に来ると日本のホテルがいかにレベルが高いか良く分かりますね。

スリッパはありません。
歯ブラシなどのアメニティもなかったと思います。シャンプーとかはあったかな…

必要最低限の設備ですね。
でもリーズナブルな値段で駅に近いのはやっぱりイイ。

戸惑うこともありましたが、観光で疲れて帰ってきても可愛いお部屋が迎えてくれるのは特に女の子は嬉しいですね~^^


Hotel Vendome の続きはこちら↓

france-trip.hatenablog.com