フランスでのんびり旅しながら暮らしてみた

一ヶ月ちょっとフランスで暮らしてみました。パリには行かず地方だけ。トゥールの古城めぐりとブルターニュ地方を中心にしたブログです☆

アンボワーズはバスで行くのがおすすめ


アンボワーズにはバスで行きました。
電車でも行けますが、駅からお城や街はけっこう離れていますし料金もバスの方が大分安いのでバスで行くのをオススメします。

 



緑のマークで示したところが大まかなバス停の場所です。
オレンジの星マークは観光案内所。
紫のマークの駅が離れているのは一目瞭然ですね。


バスターミナルはトゥール駅前にあります。
そこで時刻表も手に入ります。


詳しくはこの記事を参考に↓

トゥール駅前にあるバスターミナルは観光に便利! - フランスでのんびり旅しながら暮らしてみた



止まってるバスはFil Vert。このバスのどれかに乗ります。
f:id:rikopen:20160911115352j:plain
ターミナルにはホーム番号と電光掲示板があります。
この掲示板にも表示されますが、確実なのは待合所でスタッフにホーム番号を聞いておいて、さらにバスの運転手に確認するのが一番早く確実です。

チケットも運転手から直接購入します。
アンボワーズまでは片道2.4€、往復しても4.8€。安いっ

乗車するとき運転手さんに行き先を書いた紙を見せておくといいと思います。
口で言うより紙に書いた方が間違いないです。発音が悪いと伝わらないこともあるので…


これはFil Vertのサイトから入手した時刻表です。

f:id:rikopen:20160911104113j:plain
出発はTours(Halte Routière)→Amboise(Théâtre)までです。
私が現地でもらった時刻表ではAmboiseの停留所はChoiseulとThéâtreが別々になっていたんですがサイトの時刻表は『Choiseul>Théâtre』で一緒になっていますね。

これがどんなかたちで停車するのか分かりませんが、一番上の地図に示したバス停はThéâtreになるのでそこで降りると街が近いです。

気をつけないといけないのは、運行する曜日です。
学校のお休みの時期で走る日が変わってくるので要注意です。
そもそもその学校の休日がいつか知りませんけどね…(笑)

それから帰りの便も注意が必要です。
時刻表を見れば分かりますが、便がかなり少ない上に平日や休日などで走らない曜日があります。
最終便も早いのでお気をつけて。
f:id:rikopen:20160911111659j:plain

スポンサーリンク

 

説明が長くなりましたがバスに乗って出発です。
まだ小さい苗木のブドウ畑をいくつも見かけました。

f:id:rikopen:20160911133856j:plain

このバスは車内に次のバス停が表示されるモニターが付いていたので安心でした。
f:id:rikopen:20160911134154j:plain 

降りるバス停はThéâtreです。

f:id:rikopen:20160911134251j:plain

なんの木でしょう。綺麗な並木道も通りました。

f:id:rikopen:20160911134127j:plain

バス停、Théâtreの写真です。

f:id:rikopen:20160911135115j:plain

バス停の回りはこんな感じです。

f:id:rikopen:20160911135246j:plain f:id:rikopen:20160911135315j:plain
一番上の地図に示した所ですので、ストリートビューでも確認してみて下さい~。

バス停からそんなに遠くない所に観光案内所もあります。

f:id:rikopen:20160911140000j:plain

ここで街の地図がもらえます。
見所は大体まとまってますね。
f:id:rikopen:20160911140817j:plain

地図を手に入れたので観光スタート~
ですが、それはまた次回書こうと思います。
つづく。