読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスでのんびり旅しながら暮らしてみた

一ヶ月ちょっとフランスで暮らしてみました。パリには行かず地方だけ。トゥールの古城めぐりとブルターニュ地方を中心にしたブログです☆

モンサンミシェル島内へ行く前に

モンサンミシェル


2016年6月はじめ。
一度は訪れてみたいと思っていた場所、世界遺産モンサンミシェルへレンヌからバスで向かいました。
バスは畑の広がる田舎をぐんぐん進んでいきます。
車内は満席。

f:id:rikopen:20161125191300j:plain f:id:rikopen:20161125191240j:plain

 


1時間ちょっとで終点のモンサンミシェルの手前にある駐車場に止まりました。
バス停もありました。帰りもここに来ればバスが来ます。

f:id:rikopen:20161125192147j:plain

バスを降りたらほとんどの人がモンサンミシェルまで無料で出ているシャトルバスに乗るため乗り場に向かいます。
f:id:rikopen:20161125193813j:plain

標識も出てるので分かると思います。

f:id:rikopen:20161125192202j:plain

シャトルバスはこれです。
f:id:rikopen:20161125194356j:plain


他にも『ラ・マランゴット』という馬車で向かうこともできます。こちらは有料
でっかくて立派な馬ですね。
f:id:rikopen:20161126194000j:plain


歩道橋をのんびり歩いて行く人もいます。
考え無しだった私は行きにシャトルバス、帰りは歩いて帰りました・・・

帰りを歩くということは、モンサンミシェルに背を向けているので振り返らないと見えないんですね。(当たり前)
時々振り返りながら見づらいな~と思いその時やっと、“あ、行きに歩けばよかったんだ…”と気づきました。あほ… 



駐車場にはツーリストインフォメーションセンターも立っていて、なかにはスタッフも居るので何かあったらここで聞くといいですね。
f:id:rikopen:20161126200610j:plain 

建物内です。ATMやトイレもありました。

f:id:rikopen:20161126200630j:plain

ロッカーもありましたが、サイトで確認したらロッカーサービスは利用できないとありました。。。
国内情勢が影響してるのか?
f:id:rikopen:20161126202212j:plain
詳しくはこちらで確認してください↓

ようこそモン・サン・ミッシェル | Bienvenue au Mont-Saint-Michel



シャトルバスは乗って間もなく、カラフルな牛のオブジェが目立つお店の前で止まります。
バス内は超満員で、ここで降りたのは私だけでした(笑)
目的は水分補給だったのですが、到着したのがちょうどお昼前だったので軽く食べていくことにしたのです。
ここは小さなスーパーで土産物やパン、サンドイッチなどの軽食が取れるお店も入っています。

f:id:rikopen:20161126203802j:plain

店内ガラガラでした。
みんな観光が先なのですね。食い気が先なの私くらい?!
f:id:rikopen:20161126211011j:plain
小さめのサンドイッチとブルーベリーのヨーグルト、カフェオレで計7€。

静かな店内で一息ついた後はお土産を見てみます。
いいかげんメインへ行けよ…!と言うのはちょっと待って下さい。

ネットでは島内の土産店は割高だとあったので、スーパーはどのくらいの値段であるのかリサーチしてみようと思ったのです。

物にもよりますが、情報通り全体的にスーパーの方が安いですね。
食べ物系はスーパーで買った方がいいかな。島内で買うと荷物にもなりますしね。

キーホルダーや置物は島内で買った方が安い場合もあります。
時間がある方は欲しい物をリサーチしてから行って下さいっ(大笑)

日本の感覚でいくと土産物の値段てどの店もあんまり変わらないと思うんですが、こっちは店によってけっこう差があるんですよ~

同じ物でも1~2€程度、物によっては3€以上違うものもありました。
少しの差かもしれませんが、数買うとばかにならない金額なんですよ~
同じ物ならお得に買いたいものですよね♪

ということで、お土産をあれこれ見てからやっと出発~
スーパー前から再びシャトルバスに乗車して今度こそモンサンミシェルへ向かいます。
その話はまた次に書きます。
つづく!


スポンサーリンク

 

 

 

 レンヌからバスでの行き方をこちらの記事に書いてます↓

france-trip.hatenablog.com