フランスでのんびり旅しながら暮らしてみた

一ヶ月ちょっとフランスで暮らしてみました。パリには行かず地方だけ。トゥールの古城めぐりとブルターニュ地方を中心にしたブログです☆

日本は本当に住みやすい国だな~と感じた話


私は復路が変更できるFIX OPENという航空チケットでフランスまで来ました。
滞在先のヴィトレが気に入ったので期間延長したかったのですが、借りてるお家が次の予約有りということで他の場所に行くことも考えましたが、重い荷物を持っての電車移動とホテル住まいがどうしてもイヤで(笑)最初に指定していた日に帰国することにしました。

チケットに変更は無しなのですが、帰る日の席がちゃんとあるのか航空会社に電話して確認だけはしました。念のため…
復路変更する場合も出来るだけ早めに変更したほうがいいようです。
席に限りがあるから取りづらいらしい。私は3週間前には帰国すると決めて動きました。

 


帰る日を決めたらTGVのチケットや前泊のホテル予約です。
ちょっとめんどくさいけどこれをしておけば帰国まで何も考えずに過ごせますので、早めにやっとくにこしたことないですね。

TGVのチケットですが、買った当日と前日ネットで検索したときの値段が10€以上違っていてびっくり。
価格変動があるのは知ってましたが 差があり過ぎじゃないか?!
前日買えばよかったわ。なんか悔しい…



シャルルドゴール空港までヴィトレから一日で行くのはバタバタしそうだったので、レンヌに一泊して余裕を持って空港まで行くことにしました。

レンヌは駅前のホテル、シャルルドゴールは空港の敷地内にあるホテルを予約。
とにかく荷物を持ってウロウロしなくていい場所を選びました。
(宿泊したホテルの話はまた今度書きます。)

予約の時の話ですが、滞在先のwifiの調子がずっと悪くてネットが途切れ途切れになるなか予約したので、ちゃんと予約取れてるか心配で家を借りてる管理人さんに確認の電話を頼むことにしました。(管理人さんはとても親切な日本の方でした)

電話なかなか繋がらない・・・
5回以上かけてたと思いますが繋がらないのです。
あんまり繋がらないから営業してるの?!と思ったほど。

どちらのホテルも同じかんじでした。。。
片方のホテルは最初自動音声だったらしくさらに時間がかかってました。

予約確認するだけですごい時間とられたし、ハラハラさせられた~
大体ホテルの人もなかなか電話に出ないって商売する気があるのかしら。

日本は本当に良いサービス、良い対応で、安心・安全の所が多くすばらしい国なんだなぁ~と思いました。


ちなみに借りてたお家のwifiは管理人さんがプロバイダー会社に何度も連絡を取り合ってくれたにもかかわらず、改善しませんでした。会社何やってんだよ

会社の方から日時指定で連絡しますと言ってきたので、それに合わせて 管理人さんに来てもらって待ってたのに電話さえかかってこない時もありました。
マジで何やってんのよ会社
適当さにあきれる・・・

日本の便利さに慣れていると色々不便?遅れてる?なぁーと思うことが多々あります。
ありすぎます。

日曜はほぼお店閉まるし、昼時間も閉めて再開が14:30分のお店あったりとか。(これがけっこうある)
病院じゃないんだから~と思ってしまう。

トイレの便座が無いところ多いし、有料のトイレでもやっぱり便座が無いところもあったりするし、便座ぐらいケチんなよと思ってしまう。

カフェ、サンドイッチって書いてあるブラッスリーに朝一で入ったら、サンドイッチは出せないって言われるし。
じゃあいつなら注文できるんだよ。いつでも出せないなら店名の横にでかでかサンドイッチって書くな!と言いたい…

石畳歩きづらいし、家なんか傾いてるし、駅の窓口めっちゃ待たされるし。
海外へ行くと日本の良さが改めてわかるとかいうけど、ホントにそうです。

当たり前だったことがどれだけ有難いことなのか、すばらしい環境で暮らしていたんだなと実感しました。


納得いかないことをつらつらと書いてしまいましたが、もちろんステキなところも沢山あります。
「慣れ」なのかもしれませんが、便利な国で暮らしてきたのでその「慣れ」になるまで大分時間がかかりそうな気がしますね。


スポンサーリンク

 

 

FIX OPENチケットの話も書いてます↓

france-trip.hatenablog.com