フランスでのんびり旅しながら暮らしてみた

一ヶ月ちょっとフランスで暮らしてみました。パリには行かず地方だけ。トゥールの古城めぐりとブルターニュ地方を中心にしたブログです☆

PETITS PRIX RONDSでサン・マロを訪れる


城壁に囲まれた港町で、海賊の街と言われたサン・マロを訪れたときのお話です。

ここはすごく楽しみにしていたところだったので、朝早くからはりきって準備して駅に向かいました。
行き方はこうです。

ヴィトレ→レンヌ
レンヌ→サン・マロ

 

お得なチケットPETITS PRIX RONDSを買うのに意外と手こずった

片道分の料金で往復できるPETITS PRIX RONDS(プティ・プリ・ロン)というチケットを使って行くと大分お得に行けるので、これを購入しようと早めにヴィトレ駅に行きました。が―・・・

ヴィトレ⇔レンヌ間は惜しくも買えず…

せっかく早めに行ったのに窓口閉まっているしっっ。
(このチケットは窓口でしか買えないみたいなんですよね~)

その日は土曜日、土曜は朝9時30分過ぎしか窓口が開かないようで静まりかえっていました。ちくしょう…
しかも天気も悪くなりだして小雨まで降ってきました。なんてこったい

朝は苦手だけど朝ごはんもそっちのけで頑張って準備してきたのに…
電車の中で飲もうとカフェオレまで作ったのにっ

でもここで引き返すのは悔しいので行くことを決めました。
電車の時間の関係上、窓口が開くのを待っていられないので正規料金でレンヌまで行きます。

 

レンヌ⇔サン・マロ間はなんとか買えた

レンヌ⇔サン・マロ間のPETITS PRIX RONDSが買えなければ行き先を変えようと思って降りたったレンヌ駅。

窓口閉まっておりました―――……

なんの〰〰レンヌ駅にはSNCFブティックがある〰

そっちへ行くと開いてたぁぁ☆☆

人も少なくて整理券をとったらすぐ呼ばれ、すぐチケットを発行してもらえました。
よかったぁ〰〰☆
PETITS PRIX RONDSのチケットは普通のチケットと表示が少し異なります。

プティ・プリ・ロンチケット

ヴィトレ⇔レンヌ間は正規料金でしたが、レンヌ⇔サン・マロ間は18€で往復できました。
時間帯さえ合えば半額で行くことができるので、日帰りで観光したい場合はできるだけ利用したいですね。


PETITS PRIX RONDSの詳しい内容はこちらの記事に書いております↓ 

france-trip.hatenablog.com

 


ちなみに・・・・
レンヌのSNCFブティックは駅内にあります。

駅の出入り口とは反対方向にあるエスカレーターに乗ると見えてきます。
そこにトイレもあります(有料です)
写真をとっていませんでした。ありゃー



そして、1時間ほどTERに乗ってやってきましたー、サン・マロ。

サン・マロ城壁の上の景色


サン・マロ観光のお話は次回に書こうと思います。
つづく!



スポンサーリンク