読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスでのんびり旅しながら暮らしてみた

一ヶ月ちょっとフランスで暮らしてみました。パリには行かず地方だけ。トゥールの古城めぐりとブルターニュ地方を中心にしたブログです☆

フランスからColissimo(コリッシモ)で荷物を送ろう


滞在が長くなってくるとどうしても増えてくる荷物。
出来るだけかさばる物の購入は控えていましたが、それでも着実に増えてくるんですよねー、不思議。

持っていった消耗品が減ったとはいえスーツケースの空きスペースと所持している品物の量がどうやっても収まる計算にはならないので、郵便局から荷物を送ってしまうことにしました。

Colissimo(コリッシモ)という送料代込みの箱で送る

荷物を送る方法はいろいろありますが、コリッシモという送料込みの箱が便利で良さそうだったのでそれを買うことにしました。
自分で探すより聞いた方が早いので、窓口で局員さんに“Colissimo International”と書いたメモを見せるとすぐ持ってきてくれました。

料金は、
5㎏まで入れられる箱→45€
7㎏まで入れられる箱→55€ でした。
私は7㎏の大きいサイズを購入。

すでに組み立てられた箱を渡されて意外と大きいサイズにたじろぎながら持ちづらいので分解しようとしていたら、窓口のマダムが駆け寄ってきてパパッと折りたたんでくれました。気がきくなぁ。こんな丁寧な接客めずらし…

折りたたんでもけっこうな存在感を放つ、赤いそいつは目立ってしょうがない。
↓赤いヤツです。組み立てるとこんな感じ。MAX7kgまで入れることができます。

コリッシモの箱7㎏サイズ

簡素な作りに段ボールの厚みが薄くて大丈夫かなと不安にならずにはいられない…
コリッシモの箱を横から写した写真

箱の強度が心配なので補強する

結局このまま荷物を入れるのはちょっと心配なのでガムテープを買いに行きました。
これがまた高いのなんの。
布製のテープが多くてしかも4、5€するのばっかり。ふざけんな。

やっと見つけたのはスーパーの自社ブランドが出してるお得なガムテープ。
2個入りで2.3€、こっちはまたやたら安い。
でもガムテープに高いお金は払いたくないので安いのを買いました。

そしたら薄っぺらいビニールのテープでした…
フランスで買った薄いガムテープ

とりあえず粘着力はあるけど一回貼ったくらいじゃすぐはがれます。
重ね貼りしてもツルツルの物に貼ればキレイにはがれます(笑)
グルグル巻きにして貼るのがよさそうですね。

ぺらぺらのビニールなのでハサミで切りにくいんですよ。
切り口が裂けてグチャグチャになり使うのにストレスを感じるガムテープでした。
ふ・ざ・け・ん・な☆
でもこれでなんとか底を補強して荷物を入れていきます。

箱に詰める荷物は考えて入れよう

貴重品、壊れ物は入れないほうがいいと思います。
フランスの郵便事情はアレなので、無くなっても惜しくないもの多少壊れても気にしないものを入れました。

私が入れた物は、もう着る予定がない衣服数着、観光中にもらったパンフレット一式。
お土産の一部(本・缶入りのお菓子・雑貨など)です。

もしも箱が壊れてしまっても中身が飛び出さないように袋にまとめて入れました。
本とかお菓子とか水で濡れたり汚れたらイヤだなと思うものはさらにしっかりコーティング。

荷物の梱包におすすめのサランラップ

そのコーティングに役立ったのがこれ。
サランラップ~。スーパーの自社ブランドで50mもあるのに、0.57€ととても安い!
フランスで買ったサランラップ
元々は食品の保存用に買いましたが、大分残りそうだったので荷物の梱包に使うことにしたのです。

伸び縮むし粘着力皆無でサランラップとしての機能はほぼ果たしていないといっても過言ではないこやつも役に立てる場面がありました!なんか嬉しい!

これでグルグル巻いておけばそうそう濡れることもないでしょう。
スーツケースに入れる物でも、液体物とか割れ物とか巻いておけば飛び散る心配がないので安心。

安くていっぱい入ってるから遠慮なく使えるし本当便利♪
我ながらよく思いついたわ、自分で自分を褒めてあげたい★

箱に入れられる量は限られてるので気をつけて

荷物は制限があるので注意が必要です。
私が買った箱は7㎏まで入れることができます。

旅行用の荷物スケール持っていってなかった!
こんなの↓ 


しかし滞在先のおうちに体重計があったのでそれを代用しました。助かったー
でも大体しか計れないし普通体重計はどこでもないのでこの荷物スケールあると便利ですよね。


入れる物を袋やラップでしっかり包装して蓋を閉めますが、郵便局に持っていってもし重量オーバーだったら面倒なので封をしないで持ち込みました。
ガムテープとハサミ持参で…(笑)

送り状の書き方は次回にしたいと思います。
つづく。
 



スポンサーリンク