フランスでのんびり旅しながら暮らしてみた

一ヶ月ちょっとフランスで暮らしてみました。パリには行かず地方だけ。トゥールの古城めぐりとブルターニュ地方を中心にしたブログです☆

帰国前~シャルルドゴール空港で焦ったり驚いたり発見があった話~


フランスから日本へ帰る日。
前泊して空港内を下見していたので、チェックインカウンターまで迷わず行けました。

 

チェックインが自動化されていて焦った

でもその時には気づかなかった、空港のカウンターには人がいない!
自動チェックイン機でした!!

えええぇぇぇ
やったことない・・・!!

まさかの調査不足・・・!

自分でトライするか手伝ってくれる係員さんの手が空くのを待つか迷っていたら、どこからともなくぷら~っとやってきたスタッフさんが目の前を通っていったので、すかさずつかまえて(笑)チケット控えの紙を差し出すとすぐ手続きしてくれました。

回りの乗客はチェックイン機に並び、係員の順番を待っている人がいっぱいいたのにラッキーでした☆

機械を操作して出てくるペラッペラのチケットを受け取り、荷物タグをつけます。
(全て自分でするのですが、スタッフが全部やってくれてラッキー☆)

そのあとは人の座ってないカウンターに行き、荷物を量り、備え付けてある機械で荷物タグのバーコードを読み取ると荷物が勝手にベルトコンベアーで運ばれていきました。

え・・・終わり??

あっけなくてこれでいいのか回りをキョロキョロしますが、スタッフらしき人見当たらない…

少々不安ではありましたが、もう荷物も運ばれていって無いのでそのまま保安検査へ進みました。

特に変更などはなかったのでスムーズにいけましたが、チケットに変更があった場合とか、荷物超過の場合はどこで対応するんでしょうね。

まぁその辺のスタッフに声かければ対応してもらえると思いますが…
自動化なのになんか不便に感じてしまいました。。。

出国審査でたじろいだ

出国審査もそんなに並ぶことがなくスムーズにいけたのですが、審査がスムーズではなかった。。。

審査官の男の人の機嫌がすこぶる悪かった。あれ~すごいデジャブ――…

アジア系の男の人でパスポートを見たあとに何か言われたんだけど、分からなくて何度か聞き返したんだけどそれでも分からなくて困っていたら(徐々に語尾が強くなっていった)フランス語は喋れるか?と聞かれ「Non!」と答えると、はぁ、もういいという感じでパスポートに乱暴スタンプを押し、さっさと行けみたいな態度をとられました。

ええぇぇぇ。

ひとりでイライラしてひとりで完結されたぁぁ

一体何が起こったの?!

彼はお腹でも空いていたんでしょうか…
トイレに行きたかったとか・・・?

あっという間の出来事に驚いてリアクションも出来なかったわ。
ふぅ、いろんな人がいるもんですねぇ。

はじめてのマカロンを空港で食す

搭乗時間までお土産屋をのぞいて買物したりブラブラしてたら、ある土産店で「マダム」と声をかけかられ振り向いたら、お店のスタッフの人が少し形の崩れたマカロンを差し出してどうぞというのでもらって食べてみました。

鮮やかな色と見た目があんまり好みじゃなかったので、食べたことなかったんですけど
美味しいんですね、マカロンって(笑)

マカロン食べて美味しさにビックリするウサギイラスト


全然買うつもりなかったのに食べてみたら美味しかったので買うことにしました。
現金だね…

他にも瓶入りのキャラメルや飴を買ったら荷物が重くなってきたので早めに搭乗ゲートに向かいました。

シャルルドゴール空港内画像

なが~いフライト再び

便名はKE(Korean Air)だけど機体はエールフランス紛らわしい
乗客もアジア系が多い。

行きは韓国語か英語の映画しかなかったけど、今回は日本の映画や吹き替え版もあってあれこれ見ていたら寝るタイミングを逃してしまいました・・・

仁川に着いた時には疲れと眠さMAX。
でもひとり旅だから気が抜けない。。。


次は出発時と同様、仁川空港に到着してからヨボヨボしていた私がボーッとした頭で感じたこと書いてみます。

 

スポンサーリンク

 


私がデジャブを感じたホテルでの出来事はこちら↓

france-trip.hatenablog.com

 

france-trip.hatenablog.com